device-gadget

パソコンの不調が意外にも電源タップを見直したら改善した件!

パソコンの不調が意外にも電源タップを見直したら改善した件!

すっかりメインマシーンとしてしっかりとパフォーマンスを発揮してきたキュートなPC Intel NUCですが、環境を変えた頃から不調な状態が続いていました。

一度は性能の底上げをするためごっそりとハードが入れ替わっているため、長編動画などの編集でもしない限りびくとも不調をきたさないで来ていたNUC君どうしたのでしょう・・・。

NUC最近の不調

  • 時々動作が遅くなる
  • 音割れハンパない
  • Wi-Fi接続切れまくり
  • いきなり電源落ちる

スピーカーからの音が途切れ途切れに音割れするし、電源がいきなり落ちる。Wi-Fiが部屋を変えたため届きにくくなったのかなとも思いましたが、結構頻繁に切れるのでストレス溜まりまくる状態でした。

動作が遅くなったのはメモリーとかにいらないファイルのデーターなどが溜まっているのかなとも思いましたが、それにしても全体に不調です。

スペック的にはそんなに問題の無い範囲での作業しかしていないのにと思っていましたし。

部屋を変えたらPCが不調に!?

このような不調がおきるようになったのは、作業する部屋を変更したころからでした。

冬場はこたつにPCをおいて作業をしていたのですが、足元も暖かくなり、イスのある机で作業をするために別の部屋にPCを移動させました。

でも調子が悪くなったころにそこに原因があるとは思いつきませんでした。

その原因とは、ふとある時に気づきました。

PCの電源って、電源タップの4つ位コンセントのさせるタイプのもので、かつ延長コードを兼ねたものを使用しています。

PCの突然の電源落ちはPCをほんの少し移動させただけでも、おきたりコンセントの差し込みをちょっとグラつかせただけでも起きました。

このあたりから原因はコンセントにあるように思えてきました。

PCショップのワゴンで二束三文で販売されていた、確か100円くらいだったかな?

メーカー品でもないけど、まあ100均とかでもコンセント売ってるし、最大Wも1500Wまでって書いているし断線するほどコードも細くないしいいかなと思って購入したのですが、どうもこの電源タップを別のものに変更したら劇的にすべての不調の現象が改善しました。

これまでノイジーで聞くに堪えない音は澄み渡り、美しく心に響く癒しを与え、そのPC稼働は仙人のように安定した心でたたずみ、回線が変わったのかのように太く通信を行うWi-Fiになりました。

最後のWi-Fiの通信は電源に左右されていた可能性が高いように思えます。

なぜでしょう!?

私の家庭ではモバイルで持ち運べるWi-Fi端末なのでバッテリーでも使えます。

なので電源などの容量は関係ないのではと思えますが、ウソのように通信が安定しました。

まずこの不調を抱えていた間は通信の接続に何度も失敗をするというエラーが多発していましたが、その状況も改善されています。

電源の供給が不安定であったため、バッテリーの充電もうまくいっていないようにも思えます。

電源タップを交換してから、充電メーターが動き出しましたので!

もしかしたら、充電が空の状態でかろうじて不安定ながらも電源に差し込んでいたため、つながっている状態とそうでない状態を繰り返していたのかもしれません。

電源タップは良いものを使おう

という事で、この経験を通して電源タップを使う場合、PCなど一瞬でも電源供給が遮断されたら停止する機器とか、通信などの機器においても安定した電源を確保することが重要であることを学びました。

まさか新品で使っている電源タップが原因とは思わなかったのですが、これを知らずPCが悪いと思って買いかえっていたりしたらと思うと最悪です!

同じような現象合っている場合、一度壁のコンセントにその機器を差し換えてみるとかして電源の問題を疑ってみて下さい。

数週間もこのような状態でストレスを抱えて過ごすより、それがすぐ改善されれば大切な時間とお金を無駄にしなくて済みますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)