アクセストリガー

暮らしのエンタメブログ

たった1つだけおすすめできないChromecastの使い方

たった1つだけおすすめできないChromecastの使い方

ChromecastはGoogleから発売されている、動画等のコンテンツをPCモニターではなく、テレビのHDML端子に接続することで大画面に迫力ある映像を映し出せる画期的な商品です。

その価格も安価であることから爆発的人気を誇っているので、私もかつて購入した1人です。

しかし、今は使ってません。

そういえば、使用日数1日位でしょうか!

私がChromecastを使わない(使えない)理由

ChromecastってHDML端子が付いていてテレビの裏などにさくっと差し込んだら手軽に、ユーチューブなどでもGoogleplayの動画などでも表示させれるわけですが、それがこのガジェットの最大のウリですからね!

私はちょっと違う野望があったのですよ!

だいたい人と違うことをしたがると、落とし穴があるわけでして、使い方わからんのに購入するのって、浪費癖再来か!??

ガクガクブルブル(;´・ω・)!!!

まあ、そういったわけでまた無駄使いしたのかと自分の不甲斐なさにうち震えていますが、わずか数千円で購入できてしまうChromecastに期待し過ぎたのかもしれません。

実はまだ非公式といいますか、サポートが非公式であるベータ版機能のWi-FiによるHDMLへのアウトプットに対して過度の期待を持ちすぎていました。

機能拡張「Google Cast」という機能を用いて行うこの方法ですが、PC画面全体をHDML出力からテレビ画面に映し出すというものです。

実はこの方法には成功したのですが、最大級の欠点がありました!

なんと映るには映るのですが、マウスを動かしたらズレる!!!!!!!!

実際の操作に対してワンテンポ遅れてついてくるマウスカーソルよ!

さようなら!Chromecastさん・・・。

もうそう言うしかありませんでした!

マウスの動作がワンテンポズレルだけでどれだけのストレスでしょう!

もう20年前くらいのPCを触っているような感覚になります。

電話回線を繋ぎ始めた初期のネットかよって位い動きに違和感が出ます。

待ちの違和感です。通信自体が遅いとかじゃなく、信号が順々に伝わるためか、ワンテンポ遅れます。

この方法が気になる方はお試し下さいませ。

ただし、ズレます。

ですのでズレてもいい場面では大活躍するでしょう!

なんだかんだ言ったって使える場面ありChromecast

何しろWi-Fi経由で、手元のPCとかタブレットとか、スマホとかもPC画面に映し出してくれるんですから。

プレゼン利用にはイケます。

本来の目的の動画コンテンツの視聴などは、ワイヤレスで構築するならWi-Fi経由の出番です!

まあ、その点は使えるガジェットですね。

でも私の場合、PC自体がテレビの裏に刺さっています!!

キーボードもマウスもワイヤレスどす!

なのでChromecast不要です。

ステック型PCがあれば色々便利なものです。

スティック型PCなら自宅でも、旅行先のホテルでもHDMLさえあれば、とりあえずテレビがパソコンになるんだから、Chromecastに求めた、テレビをPCにしたいというプロセスが一気に解決します。

ちなみにPicorettaのにはWi-Fiが入っているので、その出力先をWi-Fi経由でChromecastかましてテレビに出力なんてことも可能です。

でもややこしいわ!!!

小型のステック型ガジェットいくつもつけて!

スティック型PCは、Chromecastよりはお値段しますが、Chromecastに対してもうあれこれ難しい野望は待たなくていいよというお話でした!


コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセストリガーは暮らしの総合エンタメブログです!

こんな人がこのブログを書いています

このブログ「アクセストリガー」の管理人のおかえりなさい @okaerinasainet です。 妻と子ども1人の3人暮らし現役看護師➕ライター兼業のアラフォーパパ。

詳細なプロフィールを見る 

取材・寄稿・ネット対談などの依頼は お問い合わせページ からお願いしますm(__)mまた雑談や相談が出来る友達も募集しています。よろしかったらポチっとだけお願いします。

友だち追加

アクセストリガーの購読はこちらから

SNSをフォローする

follow us in feedly
  • ピックアップ