ナイチンゲールにはなれない!

看護師おかえりなさいの情報共有所

片づけの魔法使いこんまりさん作戦でいざ節約男子へ!!

片づけの魔法使いこんまりさん作戦でいざ節約男子へ!!

浪費家生活から脱出を達成しつつある私ですが、節約家・貯金男子になるためにはどうすればいいのか!

そのヒントが片づけというキーワードに見出すことができそうです。

方法論の一つとして今回は片づけを見直そうと思います。

節約家貯金男子になるための作戦!片づけというシンプルな方法

「人生がときめく片づけの魔法」

この本の著者こんまり(こんどうまりえ)さんの事がテレビで紹介されていました。

節約するための方法が片づけというと離れているイメージですが、実際は身の回りを片づけておきシンプルにすることで、現状把握を簡単に出来ます。

物を購入するということは投資でもあります。

自分や家族に対して投資したものは自分の住む場所に保管されます。

あるいはそれを運用します。

衣類や食料などの消耗品はまさに運用です。

決められた予算で食料品を購入し、料理することは決められた期間で消費する、エネルギーを維持するという活動であり運用です。

他のものでもそうですが、それぞれに運用期間スパンは異なります。

家にたくさんのものを抱えることは、店舗で言えば在庫を抱えることであり、コスト増大につながります。

家でも同じです。

自分でどれだけのものが在庫として保管されているかを管理できるうちが、自分にとってのキャパであり、それを超えると無駄買いが起きます。

時として同じようなものだって購入する時がありました!

まさに把握しきれないくらいのものを家に抱え込んでいたからでした。

私はまだこんまりさんの本を購入していませんが、まずはこの片付け術を身に着けたいと思います。

ときめきスケールならすぐに使える

テレビではそのものにときめくかどうかということが、大切か大切でないかを判断する基準であると伝えられていました。

なるほど、そんなものさしって大事ですね!

何かの基準があると、ものをいわゆる断捨離(だんしゃり)するときに便利です。

あれこれ悩んだり迷うのは時間のロスでもあります。

自分の本能的な部分の「ときめき」に訴えかけるのですね。

そのものと向き合ってときめくかどうかを判断する。

ときめくかを考える

これでいいのでしょう。

日本人はものを大切にするという文化が根付いてきたと考えられますが、きちんといるものいらないものを判断できなくなるのは、ものを購入し過ぎて、逆に貧しくなるのでは。

もったいないもなにもなく逆効果、本末転倒なのですね!

WHY JAPANESE PEOPLE!!!!WHY!!!

本当に必要なものを大事に使う事!これが本当の日本人がものを大事にするという事でしょう。NEXT!!

さてさて思い立ったら吉日、さっそく今日から実践しますよ私は!

こうやって誰かに宣言することって、その人の意思を持続させるために非常に大事な事だそうです。

意思の表明は、結果を他者から期待されるので、裏切れないという気持ちも働きますものね。

こんな時にブログをやっていて良かったなって思います。

そしてこれから節約術などを色々実践してみて、その方法や結果も含めていつか公開できるのですから!

ブログは自分にとって備忘録でもあり、公開宣言書でもあります(笑)

ということで片づけレベル上げるためにその本買ってみよっかなあ~。

でも自分でもときめくかそうでないかの判断はできそうですので、いったんそれでやってみようと思います。

ではでは、結果はというか経過は追ってお伝えしていきます!


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKコメント

Return Top