ナイチンゲールにはなれない!

看護師おかえりなさいのBLOG

Search Regexで全ての見出しタグを一気に変換する方法!

Search Regexで全ての見出しタグを一気に変換する方法!

これまで書き溜めた記事に付けてきた見出しタグについてのお話ですが、私はSEOに無知だったこともあり、これまで間違ったタグの指定をしていたことに気づきました。

SEO的には基本h1➡h2➡h3という降順が望ましい

Webサイトに投稿する場合、見出しタグの利用は任意で指定するものだけに今まで好き勝手につけていたようです。

全くの好き勝手というわけではありませんが、基本的に記事のメインタイトルってh1になっているものです。

投稿本文中では大見出しのh2あたりから設定していくのですが、私は好んでh3を設定していました。

なぜならば、ちょっとWordpressに慣れてきたころにCSSの編集にてh3タグのデザインに気に入ったものを当てはめていたからです。

これではいけませんね。

もうこの構造がSEO的にダメかなって思っていながら、数か月も構造を変えずに放置していました。

だって、いままでのh3タグをすべてh2タグに書き換えるなんて大変な手間であったからです。

SEO的になんでタグ構造を降順にする必要があるのか?ということですが、やはりクローラーなどのアクセスに対して親切なのじゃ②赤と思います。

圧倒的にSEOとして不利だとは言われないものの、ロボットのアクセスに対してページの構造をきちんと整えておくことは、基本的に必要かと思います。

ダメなのはH4タグから頭に持ってきて、h3タグに続き、h2タグが来るなどというありえない順番です。

でも、h2タグの次にh3タグが来て、またh2タグに戻ってはこれを繰り返す等なら問題ないことであるとか。

私の場合、記事のタイトルがh1であるのに対して大半の記事が、次の見出しがh3になっていてそれで終わっているのです。

なんという事でしょう!

わざわざこんなタグ付けをしていたのです。理由はデザイン上の問題でしたが、とにかくこれから行うことは見出しタグのCSSデザインの入れ替えと、プラグインSearch Regexを使った一発で修正する方法です。

見出しタグのCSSを変更する

見出しタグはこれまで何度か変更してきましたが、Wordpressのテンプレート(テーマ)をこまめに変更するなら、カスタムCSSという機能を使用することをお勧めします。

次の投稿では、Simple Custom CSSというプラグインを使用して安全にCSSのカスタマイズをする方法です。

Simple Custom CSSならレイアウトを壊さず安全です!

 ブログなどのサイトの文章中に少し個性を出してみたいと思ったら、CSS(Cascading Style Sheets)の編集を行う事でがらりと見た目を変えることが出来ます。CSSとはスタイルシートと呼ばれるものであり、サイトのデザインを編集したりする機能を持っています。初…

今回、見出しタグをh3に当てはめていたデザインをh2に当てはめました。

これは私のデザイン変更が必要な例ですので、デザイン変更が不要な方は何もする必要はありません。

Search Regexで見出しタグを一気に変換する

見出しタグの修正ということですが、ここではh3タグが置かれている個所をすべて読み込み、h2タグへと一気に書き換えを行ってくれる、そんなことが可能なのがSearch Regexです。

プラグインのインストールは、WordPressのダッシュボード画面からプラグインの新規追加➡新規検索にてインストール可能です。

ダッシュボードからプラグインを追加

次の画面にてプラグイン名から新規検索しましょう

プラグイン名で検索

目的のプラグインが見つかったら「いますぐインストール」を選択➡「有効化」にて使用可能になります。

プラグインのインストール

Search RegexはWordpressのダッシュボード画面の「ツール」から「Search Regex」を選ぶと使用できます。

プラグインの基本画面はいたってシンプルです。

基本画面

「Source」が「Post content」となっていることを確認してください。

投稿本文中より指定の文字例を抽出します。

今回はh3とh2を抽出しました。

「Search pattern」は文字例を検索するところです。先にh3を検索(入力)しました。

「Search」ボタンを押すことですべてのh3に該当する部分が本文より抽出されます。

下部分にプレビュー表示されます。

「Replace pattern」には変換したい文字例を入力します。ここではh2と入力しました。

ここで行った作業はh3タグをh2タグに入れ変えるというものです。

文字だけでなくHTMLとして入れ替えができます。

「Replace&Save」ボタンを押すことですべての置き換えが終了し、保存されました。

「Regex」とは正規表現とのことですが、今回は使用することがなかったのでチェックは外しています。

以上「Search Regexで全ての見出しタグを一気に変換する方法!」が参考になりましたら幸いです☆彡


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top