web

ブログのアイデアはメモに残しましょう

ブログのアイデアはメモに残しましょう

今日もブログネタはないものかと探しているおかえりなさいです。

ブログネタはその場でまず保存

ブログネタを残しておくために実践している事はコレ➡思い立ったらすぐにメモ!

ブログのネタって何かをきっかけに掴むことはあっても、自分からあれこれ想像して書こうと思うとなかなかペンが進みません。

実際はペンではなくキーボードで直接入力するのですが、略図を思い浮かんだ時にそれこそペンでメモするのってすごく大事だと思うようになりました。

結構とりとめのないような事でも後からブログにするとそこそこ読めるようなものになる場合もあります。

というより、書いているうちに楽しくなってドンドンペン(キーボード)が進むって感じですかね。

そんなわけでいかにネタがなんとなーくでも浮かんだらすぐにメモできる環境を身近におくことが必要です。

そのために私が実践していることは、こんなメモ帳を持ち歩くことです。

ノートブックタイプのメモ帳

「文庫本タイプのノートブック」という名のメモ帳ですが、中身は普通のノートっぽいですがちょっとした工夫が随所に見られます。

まずはこのしおりひもです。

しおりひも

文庫本のように読み返したいところ読みかけのところに引っかけて使います。

これもあるのとないのとではだいぶん違います。

後はインデックスの利用も考慮されていて、初めの見開きのところにインデックス一覧を作っておき、後はそれぞれのページ(中紙)の両サイドにマーカーやインデックスを付けておけばその見出しを探せるって仕組みです。

ノートの使い方

そんなわけでなかなかの使い勝手のいいメモ帳です。

ブロガー活動にも日常生活のメモ・アイデアなどにと使える事でしょう。

スマホメモアプリと併用で

最近は外出するのにほとんどカバンを持ち歩くのですが、仕事の時とかはざっくりとドンドン荷物を詰め込んじゃうので、大事なブロガーメモをなくしてはいけないので、とりあえず自宅保管しています。

そのため必ず持ち歩くスマホにメモは入れておくことになります。

休憩中などふと浮かんだブログネタはさっさっと保存しておかなきゃ、帰った時にはイメージ薄れていてネタ未満で終わってしまうのはもったいないです。

ちょっとしたでもブログにするかしないかで更新頻度はめちゃくちゃ変わってきます。

これはモチベーションのとこから影響するなって思っています。

どういうことかというと、仕事から帰ってブログを書くのって眠さと疲れなどそれを妨げるものって多いですが、メモとかにネタがある程度書かれていると、ブログを書く上での第一歩が非常に軽くなります。

これ超大事です!

そのためになるべくいつでもメモをとれる環境にしておきましょう。

スマホしかなければスマホにメモをメモリーです。

私が使っているスマホのメモアプリのご紹介です。

特にすぐに使えて、みた見にもわかりやすく、使い方も簡単なものを使っているつもりです。

まずはコレ!ColorNote

ColorNote カラーノート メモ帳 ノート 付箋

ちょっとした日常使いのメモにもピッタリ!

アプリはウィジェットとしてホーム画面からも呼び出せますし、付箋機能でメモ自体を貼り付けることやチェックリスト機能などTo-Do機能も充実。

お次がとっておきのもうその日にもしくは次の日に「必ずやらなければなるまい」って内容を絶対忘れないようにする究極メモアプリ!

そのアプリはコレ!暗記めも(ロックスクリーンメモ)

暗記めも(ロックスクリーンメモ)

その究極さ加減はメモしたものを必ず忘却から回避する必殺アプリ!

ロックスクリーンに毎回現れることで忘れる奴なんて皆無!?

これで忘れたらもういっそ何もかも忘れてしまいましょう(*’▽’)

最後はブロガーに限らず、どうしても忘れたらダメな事をスマホを見るたびに(ロック画面)わざわざメモを開いたりしなくても教えてくれます。

まあ、一日何十回もスマホ開くんだし(だいたいの人)朝からだって何回か見ますよね?

てことで現状は究極のメモアプリと勝手に認定させていただきました!

ひとこと

ここまでメモ帳・メモアプリをご紹介させていただきましたが、ブロガーにとって書き始めの第一歩って重くなりがちだと思っているのは私だけではないと思います。

あの時あの瞬間に書き始めていたら、この一年もっと記事数多く書けていたたんだろうなって思うかもしれません。

記事は多ければいいというものではありませんが、書こうって思うタイミングが多いのと少ないのとでは、やはり質の良い記事を書けるチャンスも違ってくると思うんですよね!

そのために先ずはその第一歩をそっと軽くするのは、キッカケではないでしょうか!

そんなキッカケ作りをメモからつなげていただければ幸いです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)