アクセストリガー

暮らしのエンタメブログ

ネットサービス

効率的に著作権フリー素材をGoogle画像検索する方法

効率的に著作権フリー素材をGoogle画像検索する方法

まだまだブロガーのおかえりなさいです。

いきなりですが、みなさんはブログにアップする画像をどのようにして選んでいますか?

ブログの画像って選ぶ基準は何

ブログの種類にもよると思いますが、私の場合ブログにアップするのはフリー素材がメインです。

たまに有料画像やイラストなども使いますがお金を出してまで手に入れることは本当に少ないです。

例外的に使うなら、ココナラマーケットでの依頼や、RF123などの利用などでしょうか。

ブログが食レポとか旅レポなどその時その時の旬なスナップが必要な場合なら、その場で撮影調達し自分で画像を準備できるのですが、いかんせん素人の取り方なので下手なものになってしまいます。

まあそれはそれでよかったりするのですが、フリー素材であればかなり多くの候補から厳選すればいいだけのことですから、時間がある場合はフリー素材を取り扱うサイトからダウンロードすればそれでいいと思っています。

効率的にフリー素材をGoogle画像検索で検索する方法がある

タイトルの件ですが、Googleの画像検索がライセンス条件別にフィルタリングできてしまうのをご存知でしょうか?

私は今まで知りませんでした!

なんだか知らないことが多すぎてびっくりします。

Twitterの使い方もほんの1年前まではど素人でしたから(笑)

そんな私もブロガーを続けてたった1年と4か月程度経過しましたが、ブログには画像の力がかなり大きいと感じています。

私の場合ですが、画像に頼るところも大きいのです。

画像があれば初めの切り口というか、目を惹くアイキャッチ効果がありこれは超大事だと思っています。

でもなかなかいつもおんなじフリー画像サイトばかり利用しているとマンネリ化するのですよね。

なので画像編集をあれこれ加えてはアレンジしています(^^♪

その画像の元ファイルってもっと幅広く一気に検索できたらなって思っていました。

そうです、Google画像検索なら本当に無数に検索できますよね!

好きな画像をキーワードで検索する!

コレ直感操作です。速いです。

フリー素材サイトももちろんキーワード検索が可能ですが、表示の際に読み込みに時間がかかったりダウンロード待ちの時間が結構厳しめであったりします。

そのためサクッと検索出来てサクッとダウンロードできるのはGoogle画像検索ではないでしょうか!

著作権問題って見極めどころが初心者にはハードルが高かった

私の感想ですが、フリー素材&目的のキーワードで検索しても結果表示される画像が有料であったり、実際にこれって著作権どうなの?ってものばかりで怖くて怖くて利用できたものではありませんでした。

この辺りはライセンスの規定を勉強すればいいのですが、いかんせんそのライセンス内容も複雑でいったいどれを使えって感じでした!

なので、今回はGoogle画像検索からフィルタリングしてライセンス条件別に分けてしまう方法を行ってみましょう。

Google画像検索でライセンス別にフィルタリングする

まずそもそもグーグルの画像検索のページって知っていますか?私はヤフーでしか知りませんでした。

だってGoogleの検索画面(TOP)ってコレですよ。(2015年10月8日現在)

Google検索

画像検索とか載ってないじゃないですか。

代わりに同日時でのYahoo!さんはこちら!

Yahoo!画像検索

いやー親切じゃないですか!

画像検索ってココってわかり易いですものね。

なのでいっつも画像検索はYahoo!さんで利用していました。

まあでも今回の機能はGoogle画像検索でのテクニックなので話をそちらへ進めます。

下記がGoogle画像検索のURLです。ブックマークししましょう!

URL:http://images.google.com/imghp?hl=ja

こんな画面になりました。凄くシンプルですね!

シンプルな画面

アレ画像検索画面ってオプション設定とかないのかな?

実は何か検索した後で移動するページが今回のフィルタリング機能をしているページになるようです。

「イルカ」とでも検索しました。

ポチッとしました。

イルカ

たくさんの「イルカ」画像が表示されました。

でもここではどの画像に著作権保護があるのかわかりません。

というよりどの画像がフリーなのかということが不明です。

そこで利用するのがこの「検索ツール」です。

キャプチャ

「検索ツール」は以下の指定にて著作権の取り扱いに対する画像の仕分けをしてくれます。

つまり条件抽出ができます。「検索ツール」→「その他のツール」→「ライセンス」と指定すると。ライセンスに関する条件検索のリストが出てきます。

チャートで説明

 

私はこの中から「改変後の再使用が許可された画像」を選択しました。

 

この「改変後の再使用が許可された画像」とは、改変つまり画像編集をしたものでも再使用が許可されているという画像です。

他にも「再使用が許可された画像」、「改変後の非営利目的での再使用が許可された画像」、「非営利目的での再使用が許可された画像」がありますが、非営利目的での許可である、最後の2つはアフィリエイトサイトなど営利目的と考えると避けるべきところでしょうか。

その文言のない、「再使用が許可された画像」、「改変後の非営利目的での再使用が許可された画像」であれば、比較的自由に使用してもよさそうです。

特に改変も可能であればオールマイティなイメージですね。

それでは先ほどのイルカ画像から「改変後の再使用が許可された画像」を条件検索にかけてみました。ちなみにこれは著作権的に一番ゆるーいハズです!

条件検索

この画像先に行ってみましょう!!

http://photozou.jp/ というサイトに移動しました。

この画像に対するライセンス状況を確認してみますと。

以下のようになっていました。

キャプチャ

あなたは以下の条件に従う限り、自由に:

  • 翻案 — 資料をリミックスしたり、改変したり、別の作品のベースにしたりできます
  • 営利目的も含め、どのような目的でも。
  • あなたがライセンスの条件に従っている限り、許諾者がこれらの自由を取り消すことはできません。

 

あなたの従うべき条件は以下の通りです。

  • 表示 — あなたは 適切なクレジットを表示し、ライセンスへのリンクを提供し、変更があったらその旨を示さなければなりません。あなたはこれらを合理的などのような方法で行っても構いませんが、許諾者があなたやあなたの利用行為を支持していると示唆するような方法は除きます。

上記の引用はライセンスは表示 クリエイティブ・コモンズ 表示から引用しました。

とりあえずは営利目的であっても使用できること、改変可能、ただしライセンス元へのリンクを表示してねってなっていますね。

画像を掲載する場合はその下にでもそっと掲載元(出展)などと引用元をリンクしておいて置く必要があります。

ひとこと

今回Google画像検索にて著作権の取り扱い別に検索する機能があることで、大幅に利便性がアップしました。

Googleがサポートするフィルタリング機能なので、信頼性も高いでしょう!

ただし、著作権に対する条件は画像の掲載前に確認しておいた方が良さそうです。

なぜならば、ライセンス表示やクレジット表示が必要かどうかの取り扱いは、個々に指定されているので、その画像を確認するまではわからないからです。

それらの点に注意すれば、かなりの数のフリー画像がGoogleの画像検索機能を通して大変効率よく探し出せそうです!


コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセストリガーは暮らしの総合エンタメブログです!

こんな人がこのブログを書いています

このブログ「アクセストリガー」の管理人のおかえりなさい @okaerinasainet です。 妻と子ども1人の3人暮らし現役看護師➕ライター兼業のアラフォーパパ。

詳細なプロフィールを見る 

取材・寄稿・ネット対談などの依頼は お問い合わせページ からお願いしますm(__)mまた雑談や相談が出来る友達も募集しています。よろしかったらポチっとだけお願いします。

友だち追加

アクセストリガーの購読はこちらから

SNSをフォローする

follow us in feedly
  • ピックアップ