アクセストリガー

暮らしのエンタメブログ

ブロガーだからこそ使いたい静電容量無接点式のキーボードがお勧め!!

ブロガーだからこそ使いたい静電容量無接点式のキーボードがお勧め!!

ブロガーならいつかは使ってみたいキーボードとして、静電容量無接点方式キーボードがあります。

なぜブロガーが静電容量無接点方式キーボードが必要なのかと思いますか?

静電容量無接点方式キーボードに憧れる

静電容量無接点方式キーボードには代表格のモデルとして東プレのリアルフォースと、PFUのハッピーハッキングキーボードが挙げられます。

この2つのモデルは、いくつかのバリエーションが存在するのですが、平均的なモデルでお話しさせてもらいます。

日本語配列なのか、英語配列なのか、テンキー搭載のフルサイズなのか、テンキーレスモデルなのか、キーをたたくときのウエイトの違いなど様々なモデルがそろっています。

ただしハッピーハッキングキーボードに関してはテンキーレスとなります。

リアルフォースの方がバリエーションが豊富です。

基本これらのすべてのモデルを含めて私が、特にほしい機能は静電容量無接点方式という特徴です。

この静電容量無接点方式とは多くのキーボードに存在するスイッチが機械式ではなく、その名の通り静電容量という構造で入力を探知するので、無接点であるということです。

物理的にキー入力の回数に対し耐久力の限界点が必ず訪れる機械式スイッチ採用のモデルにたいして、故障率が低いという大きなアドバンテージをとれます。

故障率が低いっていうけど、機械式スイッチのモデルと比べてどれくらい持つんだよというところを調べてみました。

静電容量無接点方式キーボードを除く、機械式スイッチのものと言っても実はまだ多くの種類があり、メカニカル式、その他にメンブレン式やパンタグラフ式などがあります。

キーボードには4つの種類がある

おさらいするとキーボードの入力方式、つまりそのままキーボードの種類は大きく分けて次のように分類できます。

  • パンタグラフ
  • メンブレン
  • メカニカル
  • 静電容量無接点

簡単に説明すると、パンタグラフ式はノートパソコンのような薄い形状のキーボードです。

ノートパソコンに装備されている者もあれば、別になっているモデルもありますが、ノートパソコンのそれはパンタグラフ式と言えます。

メンブレン式は、メーカー製PCに購入時についてくるようなキーボードであることが多いようです。

かつては、メカニカル式などもあったようですが、現在の市場では薄型のパンタグラフ式か、メンブレンかが主流です。

その背景には生産コストの面でもメカニカル式は高価になることがあり、静電容量無接点式ではもっと非常に高価です。

どれくらい高価可というと、メカニカル式キーボードでは、6千円~1万円オーバーといったところで、静電容量無接点式キーボードであれば、安くても1万5千円くらいか~3万円くらいです。

ではなぜそのような高価なキーボードがブロガーに必要なのでしょうかということですが、その超気持ちい使い心地に最大の魅力があると私は思います。

残念ながらまだ購入には至っていないその静電容量無接点キーボードですが、キータッチのメリットは次の部分です。

  • グラグラぶれないキータッチ
  • カチャカチャ煩くない
  • 軽めのキータッチ時のウエイト
  • チャタリングが発生しない
  • 故障するまで10年くらい!?

どうですか!メリットだらけに思います。

キーがぶれないのはそのしっかりとしたつくりのものであることと、剛性感のあるフレームに取り付けられていることです。

キータッチ時の音がうるさくないのは、メカニカル式のものと比べるとその差がはっきりします。

スイッチ自体の音はないのと、ラバードームというクッション上のものが受け止める構造のため音は静かめです。

キーのウエイトは、メンブレン式のものが60グラムくらいのものが多いのに比べ、静電容量無接点式では35グラムから45グラム程度のものが多いようです。

チャタリングとは、機械式のスイッチのものでは老朽化すると、1回の入力に対して連続で入力が起きてしまう現象のようです。

耐久性が非常に高い3000万回程度までと言われる静電容量無接点式キーボードは10年くらいの使用にも耐えうるのです。

どうでしょうか!私が欲しいわけわっっていただけたでしょうか。

ちなみに金融機関などの使用用途としても利用されているという静電容量無接点式のキーボードですが、先にあげたメリットにあげられること全てプロ向けの製品と言えます。

それだけに製造コストも高く、購入時の価格も高いためためらわれるのも事実です。

そしてブロガーと言っても私のようなアマチュアブロガーでは、なぜそのようなプロ向け製品が一必要なのかとも思われますが、やはりキーの入力回数が比較的多いブロガーという条件が理由です。

ブログを毎日更新、1記事数千から1万文字以上をもし行ったとしましょう。(私の理想)

そうなると、やはり疲れないキーボードでミス入力も少ないとされるプロ向け製品が有利なのは言うまでもありません。

家庭で使うのですから静かなのも必要なわけですよ。

このような条件を満たしている静電容量無接点式のキーボードを是非いつかは手にしたいものです。

静電容量無接点方式おススメキーボード

ちなみに私が憧れるのはコレ!

これはテンキー付きフルサイズのモデルです。全てのキーが30グラムというとっても軽めの入力が可能なモデルです。


コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセストリガーは暮らしの総合エンタメブログです!

こんな人がこのブログを書いています

このブログ「アクセストリガー」の管理人のおかえりなさい @okaerinasainet です。 妻と子ども1人の3人暮らし現役看護師➕ライター兼業のアラフォーパパ。

詳細なプロフィールを見る 

取材・寄稿・ネット対談などの依頼は お問い合わせページ からお願いしますm(__)mまた雑談や相談が出来る友達も募集しています。よろしかったらポチっとだけお願いします。

友だち追加

アクセストリガーの購読はこちらから

SNSをフォローする

follow us in feedly
  • ピックアップ