ナイチンゲールにはなれない!

看護師おかえりなさいの情報共有所

本でたくさんの文字を読むのが苦手な私にとっての最適解はコレだ!

本でたくさんの文字を読むのが苦手な私にとっての最適解はコレだ!

ブロガーのおかえりなさいです。

先日立ち読みした半径5メートルのなんとかという本の中でこう言った感じのフレーズを見つけました。

半径5メートルの範囲にいるものに向けた情報を伝える

多分ですがこういった感じの言葉で表現されていたと思います。

身の回りでいろんな出来事が起こりすぎてその本を読んだかなくらいの記憶しかないのですが、それでもそんな感じのフレーズというかメッセージですね、強烈に覚えています。

そのほかのことは何一つ覚えていません。

最近身の回りで色々あったと言いましたが、悪いことも良いこともいっぺんに来てしまった感じです。

でも最後に良いことがあったので私は幸せです。

どんなことがあったのかはまたの機会にでもお伝えするとして、本題の本のお話です

とは言ってもこのワンフレーズだけ価値があります。

価値とは私にとっての価値でして、その本はそのワンフレーズと出会うためだけに存在したといっても過言ではないでしょう。

だて表紙の雰囲気もタイトルでさえも覚えていないのですから。

この数日いろんな意味で忙しく、時間もなかった為先月は5冊くらい本を購入しましたが、ほとんど読めていません。

そして今回は無しの題材にしている本は立ち読みをしただけです。

だから他のことは覚えていないのです。

だいたい月に5冊も本を買うなんて私にはとっても異例のことなのです。

何を思ってそんなに本を購入したのか?

それはブログのネタ探しのようなものです。

ブロガーとして常にネタを探している状態であった私は、私生活に転がっているネタから記事のネタへと結びつけることさえできず、本を購入しました。

それは自分から購入した本ですから、興味があっって購入したわけですが、まあそうは言っても書評とか書きなれていない私には記事にできることもあんまりなかったですね。

それをつまり書評を書くことを習慣にしている人と違ってトレーニングされていないわけですよ。

本をどこまで読んだらいいかもわからなくて、無理やり一冊丸ごと読まなくてはいけないのかと思うと、なかなか思うように本を読めませんでした。

書評としてその本について書くなら、ガッツリその本を読みこんでおかなくちゃいけないみたいなプレッシャーと言うかそんな感じですね。

だからちゃんと読み込めませんでしたし、本で記事を書くこともなかったですね。ほとんど。

本の中のフレーズだけを心に刻むだけで意味がある

さて、始めに伝えた「半径5メートルの範囲にいるものに向けた情報を伝える」ですが、少しそのことは先延ばしにさせてください。

何百ページにも及ぶ本を一冊読み切るのって好きな人にはどうでもないことでま、いざ読むとなると私は大変だなと思うことがあります。

これって個人差ありますよね。

私は本の虫だと言い切れる人からすれば、あんた何言ってんだと思われるでしょう。

私の場合、一冊まるまる読み切れる確率は少ないです。

なので、めったと本を買いませんでした。

コミックとか、小説とかストーリーのあるものは別ですよ。

そういったものは話の流れが途中で切られても、あとから続きを思い出して読める楽しみ感というものがありますから。

なんか途中からだとよくわからなくなると感じるのが、ビジネス本とかハウツー系のものです。

ですので結局あとからおんなじところを読み返してしまいます。

無駄に全部読もうとするから、注意力が散漫になって結局全体の話がわからなくなるんですよね。

そんなことをジレンマに感じていた際に私は一つの記事に出会いました。

【かみじょー的超読書法】オマエの読書法は間違っている!一冊の本から多くを求めすぎるな

おまえの読書の仕方は間違っている おまえの読書の仕方は間違っている。 おれは今日ふと自身の読書に対してそう思っ…共有:クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)Facebook で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共…

この記事を見て私の肩の荷はすうっと軽くなったように感じました、。

そうだったんだね!かみじょーさん!

たった一言に出会えたらそれでいいんじゃん!

もうそれだけのためであっても良い!

本を購入してそれだけであっても良い。

数百ページ読んだ本があとから何にも覚えていないことだってざらにある。

だったらたった一つのフレーズにだけ心が動けば良い!

そうしたらその本は自分の心に残るし、いつかそのフレーズが人生の大事な場面で光るかもしれない。

その本はもう宝だ!!

だから立ち読みでであっただけの私にとっての本も、私にはその時だけの出会いかもしれないがそのフレーズが心に響いたことをこうして書評として記事に出来た。

それもある意味宝だ!!

半径5メートルの範囲にいるものに向けた情報を伝える

とは、かなりマイナーな内容の話題であってもそれを必要とする人に届けるということです。

例えばブログの記事をアップするときタイトル決めしますよね。

タイトルってSEO的考え方から見たら、もう超大事な部分なんですよ!

それが私にも最近になってなんとなくわかってきた。

タイトルって超人気キーワードを堂々と掲げてもはっきり言って勝てないんですよん。

企業サイトとか、マンモスブロガーさんんとかには到底かなわない。

だから少しマイナー目で、かつそこそこ需要があるキーワードを狙う事!

コレ超重要です!

あんまり遠くを見なくていいから、もう少し手の届くところで現状自分にしか伝えられない話題を届けられれば人の役に立つんですよ。

上位表示されずに埋もれてたら、どんだけ良い記事で役に立つ記事でも誰にも届きやしない。

だから、ちゃんと的絞ってアイデアひねって、キーワードあてはめてってそんな記事の書き方しなきゃ宝の持ち腐れですよって話し。

それが私が立ち読みした本から心に響いたフレーズだったってことです。

もちろんそのフレーズの前後にちりばめられていた説明とかスゲーわかり易かったし、ためになるなーって思って読んでいた。

だから少しずつSEOとかめんどくさいしって思っていた自分の心も変わってきたんです。

だっってせっかく書いた記事、頑張って書いた記事ほど人に届けたいです。

でも星の数ほどあるインターネット上の記事の中から見つけてもらうには、ちゃんと的絞れよって事!

そのターゲットもあふれた情報じゃなく、マニアックな話だっていい。

でもある程度需要がない話なら誰も探しに来ないなって。

その半径5メートル程度の射程距離におきましょう!って設定は大事です。

半径

今回の話しでいうなら届けたいのは私のように、まだまだアクセス稼げていないブロガーさんとかおんなじように思っている方とかです。

その気持ちの方半径5メートルに入ってきてくれませんか!

よろしかったらTwitterとかでメッセージいただけたら嬉しいです。

お互い励ましあって頑張っていきましょう!

追記:

今回の題材にした本についてその当時は良く知らなかったのですが、今ではよく知っているはあちゅうさんの本でした。

ブログをやっている私にとってすっと入ってくる内容だなと思ったのもそのはず、カリスマブロガーはあちゅうさんの本でした。

その当時は本をじっくりと読む気持ちの余裕もなく、インプットする大事さも今ほど大切にしていなかったと思います。

今は大量にブログやインターネット等からインプットをしているのですが、読書の方もしていきたいです。


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKコメント

Return Top