sns

SNS Count Cache連携でTwitterのシェア数表示復活

SNS Count Cache連携でTwitterのシェア数表示復活

Twitterの拡散状況に目が離せないおかえりなさいです。

先日ごろからTwitterでのシェア数表示がとうとう終了してしまった様子なので大変寂しい思いをしておりました。

どうなるの!?Twitterでシェアカウント数が10月以降表示されないなんて!!

おかえりなさいです。先日からTwitterのシェアカウント数が表示されなくなるという話題を目にするようになりました。Twitterのカウント数が表示されないという噂2015年10月以降Twitterのシェアカウント表示が消える!?噂というより実際Twitter側がそのように公開し…

Twitterのシェアボタンを表示復活して幸せになろう!

ハッピーへ

検索という意外な使い方もあり?

実際に終わってしまうととっても殺風景なTwitterのシェアボタン。

実はTwitterのシェア数表示を独自の視点でとってもイカす使い方をしている方がいます!

それはぽぽろんさんです!!

こちらでは消えたTwitterのシェア数表示のところをなんと「検索」という表示に変えて使っているのだとか!

消えたツイート数…そして、ツイート検索にしてみた

ツイート数が取得できなくなりましたが、「しばらくはツイート数も残しておきたいなー」と思っていたものの…。 Tw…

私はこの発想はめちゃくちゃ凄いことだと思います!

Twitterのシェアのところに「検索」があったらその記事のシェア状況を検索して使うことができます。

これってその記事をアップした側も楽しめる機能だと思います。

なんだかハッピーな機能ですね。

happy-stick-girl

私はこの時点でアルバトロスという、フラットデザイン風シェアボタンに対応したテーマを使用していたため、この検索機能はデザイン的に少しマッチしなかったのですが。

できることならこの検索機能を実装させていみたいと思っています。

プラグインで大復活!!

アルバトロスというテーマはもともとSNSのシェア数表示に関してプラグインである、SNSカウントキャッシュを推奨しています。

ソーシャルボタンのカウント設定(SNS Count Cache) | OPENCAGE

OPENCAGEのテーマは独自のSNSボタンを採用しております。 何も設定しなかった場合は、カウント数は表示されませんが、SNS Count Cacheというプラグインを導入することによってオリジナルボタン内にカウント数を表示可能となっております。 使い方は簡単で、プラグイ…

つまりテーマ側がシェア数表示機能をもともと装備していなくて、プラグインであるSNSカウントキャッシュにて表示させているということです。

なのでアルバトロスはそのプラグインを使用しない場合は、全てのSNSのシェア数自体が表示されない仕様です。

今まではTwitterのシェア数が取得できていたわけですが、先の事情でTwitterのシェア数取得が終了したため、今回この表示を取り戻したいと願っておりました。

私の中で湧き上がるこのフレーズ・・・。

愛を取り戻せ!!

ゆりあぁぁぁ~!!!

ではなく、シェアを取り戻せですが、正確にはTwitterのシェア数は表示されなくなっただけのことで、シェア自体は失われたわけではありません。

ただし、大々的に皆さんがシェア数を表示できなくなったわけでして、これはTwitterを使用している世界中の方に漂う世紀末ムード・・・。

世紀末を生きるためには・・・あの男の助けが必要だ!

そうだ!

世紀末救世主・・・。

彼をを呼ぶしかない!!

ぽぽろんさんです!

ぽぽろんさんは荒廃した私のブログの世紀末スタイルに幾度となく、愛の手を差し伸べてくれたお方です!

この無知な私の自身のブログに対するトライ&エラーを優しく見守り、エラーを起こすことの方が多い私のカスタマイズにそっとアドバイスをくれます。

先日も3時間近くつきっきりで、このTwitterのシェア数表示復活のためにTwitterでのメッセージのやり取りをしていただきました。

そしてついにTwitterのシェア数が復活したのです!!

今回の方法は私の環境がアルバトロスのように、SNSカウントキャッシュというプラグインを使用している場合に、シェア数を復活するためにプラグインのコードを編集する作業が必要です。

プラグインの編集は以下の点について注意が必要です。

プラグインの修正を誤った場合、WordPress管理画面すら表示されなくなるような状況もあります。可能であればテストサイトで試したり、元のファイルは別名で保存しておいて戻せる状態にしておくことをお勧めします。また、プラグインをバージョンアップした際には全てのファイルが上書きされますので、一時的な対処ということに留意しましょう。

ぽぽろんさんのページで詳しく公開されている方法で私はTwitterのシェア数を復活して表示させることができました。

なお、エラーが起きた場合の解決方法についても詳しく紹介されているので、非常に参考になりました。

[ツイート数取得]ジェイソンがないなら、ジェイスーンを使えばいいじゃない?

Twitterのツイート数取得APIが終了しました。あちこちのブログ記事から「ツイート数」が消えていく…そんな…

実際に行った方法としては、count.jsoonというところへ登録する。SNS Count Cacheを編集するという作業を行いました。

もしもエラーが出たら?にて詳しく注意点が記載されているので、参考になると思います。

ほぽろんさんありがとう!皆もやってみよう!

今回のこの方法で念願のTwitterのシェア数表示が見事に復活出来たのですが、難しいと思われるプラグインの編集にも始めてチャレンジしました。

実を言うと、私の最近の環境はスマホで記事を書き、コードの編集なんかもスマホで行うというモブログスタイルでした。

そんなモブログな環境でも見事にTwitterのシェア数の復活を果たすことが可能であったのは、手厚いほぽろんさんの3時間近いサポートのおかげでした。

これからチャレンジしようとする方には、ほぽろんさんのページにて、今回私が頂いた内容についてもしっかりと解説されていました。

なのでじっくりと読んで挑めば作業自体はそこまで難しものではないはずです。

モブログでも出来たわけですからね!

ぜひ皆さんもチャレンジされてみてはいかがでしょうか!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)