ナイチンゲールにはなれない!

看護師おかえりなさいの情報共有所

赤ちゃんの首が座ったら気を付けたいこと

赤ちゃんの首が座ったら気を付けたいこと

子どもの成長は毎日楽しみなものです。

赤ちゃんの首が座った離乳食も食うた!

赤ちゃん(息子)の首がいよいよ座りました。

うちの子どもは首が座るまで4ヶ月かからないくらいでした。

始めは「あれっ、首が座ってる?」と思っても持久力がなくすぐグラグラしていたものですが、「首が座ってきたかな?」って思った頃から積極的に縦抱きにしてやるようにしました。

縦抱きだと手で頭を支えない場合、赤ちゃんは首が不安定になるので産まれたての頃は無理ですが、3ヶ月位になると縦抱きで頭を支えないでも自分で頭を戻そうと頑張っていたようです。

まだまだ始めは不安定なので、親としては頭が重たくないか心配になりますが、訓練がてら縦抱きにする時間を増やしていきました。

赤ちゃんを縦抱きにするのに抱っこ紐があれば便利です。
横抱きから可能な新生児から使えるタイプもありますね。

体重が5、6キロにもなると抱っこ紐じゃないと、なかなか長時間の抱っこは腕にこたえます。

縦抱きなどの練習をしていたら、いつの間にかすっかり首は座ってきました。

この頃には「笑う」→「声を出して笑う」等の変化も見られました。

また、おもちゃに反応を示すようになり、手で掴むタイプのおもちゃを与えてあげると遊ぶようになりました。

目もしっかりと見えるようになってきたようです。

食べ物にも興味を示し出しました。

私達が食事を食べていると欲しそうに静かに眺めるようになってきます。

時には指を加えて見つめるのです。

こうなったら離乳食のスタートですね。

首が座っているのでハイローチェアのような物に座らせて食べさせて上げることが可能です。

歯がひとつもなく今までおっぱいを飲んでいたた赤ちゃんが食事を食べる瞬間は感動的です。

初めての離乳食でもスプーンにこの時は10倍粥から始めましたが、しっかりと口を開けた事には驚きでした。

私達が食事をしているところを見ていたからでしょうか(笑)

哺乳瓶や、おっぱい、指を持って行っても口を開けてくれるんですがね。

ちっちゃなお口にちょこっとの汁みたいなお粥を、半ば流し込む感じで初めての離乳食は行いました。

次第に食べるものも増えていきますね。

リンゴやバナナ、カボチャや、ニンジンなどなんでもパクパク食べてくれるようになりました。

赤ちゃんは首が座ったら活発に動きます

我が子であるうちの赤ちゃんは首が座った頃に離乳食も始まりましたが、同時に色んなアクロバットな動きが始まりました。

手足をバタバタと動かすだけだったかと思えば、今度は足を高く蹴り上げるような格好をしたがるので、タオルケットや毛布は何度掛けて上げても蹴り飛ばしてしまいます。

これを寝るまで繰り返します。

そのうち床を足で蹴り出すので赤ちゃんは布団の上に上に移動していき、気をつけないとどっかに行きかねません。

行けるのは上だけですがね。

布団の植え方向に柵をしてあげるか、クッションでストッパーをしてあげました。

それからもうかうかしておれません。

上に上がる事を覚えた我が子は今度は頭と身体をくねらせて、寝返りを打とうとします。

その次はハイハイかなぁ~☆

赤ちゃんは日々表情とか出す言葉の何かニュアンスも変わって来ますし、動きは知らない間に活発になって行きますので、ひっくり返ったりしないようにしっかりと注意してあげたいですね。


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKコメント

Return Top