アクセストリガー

アクセストリガー

3つの画像編集機能が全部入りアンドロイド アプリ Photo Editor 

3つの画像編集機能が全部入りアンドロイド アプリ Photo Editor 

Photo Editorがあればこれまで別々に行っていた作業画像編集を1つのアプリだけで行なえます。

少なくとも私にとって次の機能はなくてはならない機能です。

  • リサイズ
  • 切り抜き
  • テキスト挿入

以上のたった3つの画像編集ですが、私は全ての作業をパソコンで行う場合は1つのソフトで出来るところもスマホのアプリなら2つや3つのアプリを使い分ける必要がありました。

これは時間の浪費です。

Photo Editorならすべての画像編集作業が行える

リサイズ機能

リサイズ機能とは画像そのもののサイズを小さくしたり大きくしたりと変更することです。

ブログなどの投稿に画像をアップする場合最適なサイズがあるかと思います。

しかしながらフリー素材ページより拾ってきた画像のサイズを見ると、ダウンロード後の画像が思ったより大きかったという事は多々あります。

私は画像をブログに載せる場合は最大でも縦か横の最大幅を640px程度と決めています。

その方が尺的にも収まりがいいと思っているからです。

そしてある程度自分の中で扱う画像サイズが決まていると統一感が出て作業も捗るというのがあるのです。

この辺りの感覚は個人差が現れるところでしょう。

私の場合はだいたい640pxが心地いいのです。

さてそのように画像の希望のサイズがあってもダウンロードした画像のサイズが大きすぎる場合や少し小さいから引き延ばしてやりたいなと思ったときに活躍するのが、画像のリサイズです。

Photo Editorの場合はとても使い易いアプリのインターフェース(アプリの操作画面)が全体的に扱いやすい、とってもスッキリとした印象です。

メニュー画面一覧を表示させてみましたがざっと次のような機能が扱えます。

  • カーブ
  • レベル
  • エフェクト
  • フレーム
  • 補正
  • ノイズ除去
  • ドロー
  • Pixel
  • クローン
  • 挿入
  • 回転
  • 水平調整
  • 切り抜き
  • リサイズ
  • フィット

いかがでしょうか。充実の機能ですね。

私の場合正直に言ってこれまでの機能は使いきれません。しかしながら使いたい機能が全て集約されているのはありがたいのでこのアプリは凄く便利なのです。

リサイズ機能はその名の通り、画像のサイズ調整が自由自在です。

アスペクト比といって縦横幅の比率を保ったままのリサイズ機能が使えます。

なので画像の一方を640pxに変更するだけで私の使い方からすると完了です。

細かいことは気にしないのです。

とにかく縦横の幅のどちらか広い方を640pxに変更しておく。

それだけでいいのです。

横幅を640pxに指定した

切り抜き機能

切り抜き機能とは画像の一部を切り取って保存する機能です。リサイズ機能と同じくらい私はこの機能を使います。

いるところだけを使う、不要な部分は使わないという機能なのですが、イラストの一部だけを使いたいとか、撮影した写真画像のここはいらないなあという場合には無くてはならない重要な機能がこの切り抜き機能なのです。

こんな感じで切り抜きたい部分を点線で囲まれた部分に指定します。切り抜き機能としてはポピュラーな操作画面ですがこれが使い易いのです。

テキスト挿入機能

テキスト挿入機能も一般的な画像編集のテクニックですが、画像の中にタイトルを入れたり注釈を入れたりとしたい場合があるものです。

これもなくてはならない機能の1つです。

テキストはアプリの挿入という機能から使う事が可能です。

「挿入」から「+」マークを選択し、「T」マークを選びます。

実際にテキストを入力する画面はこちらです。

テキストを入れるだけなのに物凄く豊富な機能がついています。

これは凝ったことがしたい人にはすごくいいかもです。

画面内の「適応」をタッチすると次のように実際にテキストが挿入されました。

白と白が被っているのですが、それでも見やすいのは素晴らしいと思います。

色々いじるともっと機能を見出せそうですが、まああんまり複雑な機能をまだ覚えなくてはいいかなと思っています。

ひとまず素晴らしすぎる私の使いたい機能である、リサイズ、切り抜き、テキストの挿入がオールインワンで扱えるアプリPhoto Editorのご紹介でした。

必要な機能だけをサクッと使える手軽さとインターフェース(操作画面)のみやすさ、マニュアルなしでもこのくらいの機能は使えてしまう初心者にも易しい印象のアプリでした。

これからもっと使い方を研究すればもうスマホアプリとは思えない位活躍してくれそうな予感がするアプリです。


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top