auWALLETではPayPalチャージが出来ない→Vプリカは可能です

auWALLETではPayPalチャージが出来ない→Vプリカは可能です

クレジットカードは持たない主義ですが、オンラインVプリカは使います。

そう!そしてカード自体も持たずに!?

auWALLETカードではPayPalチャージ不可

auWALLETカードをお持ちの方には残高ですが、PayPalへのチャージは不可能でした。

私も残高です。その代わりによく似た機能をもつオンラインで使えるネット専用のVプリカカードが便利です。

VプリカはそのVがVISAのVであり、一回払いですが、VISAカードとして使えるのです。

ネット専用VプリカとauWALLETプリカと支払いの仕組みの違い

ネット甩Vプリカはその名の通りオンラインつまりネット上にて使えるカードです。

ネット専用Visaプリペイドカードという名称が正式な名前になります。

コンビニでも購入出来るギフトカードタイプもありますが、こちらとは異なります。

あくまでもネット甩のタイプです。

なので別にカードという物を物理的に持たなくても使えるのです。

ネット上にてカードを作成し、必要な時にプリペイドカードとして使います。

手元にある現金から購入した分が残高として加算(チャージ)される仕組みです。

よく似た仕組みのカードとして、私はauWALLETカードを持っていますが、こちらもプリペイドカードの仕組みをもつカードです。

auWALLETカード(プリペイド)は、クレジットカードのように手元に、あるいは銀行口座にも残高がなくても支払いが出来てしまうのとは異なり、使いすぎてしまわないのがデビッドカードの利点です。

しかし、auWALLETカード(プリペイド)に関しては少しクレジットカードのように借金性があります。

何故ならば、銀行口座にも残高が無くても例えばau簡単決済というしくみで、前もってチャージ出来てしまうからです。

この辺りは注意が必要な点であるのが、auWALLETカード(プリペイド)であります。

かといって分割払いや、リボ払いなどは出来ないので、クレジットカード程は借金性は低いのです。

ネット甩Vプリカカードはその点チャージ方法が現金からチャージをする必要かあるため、使い過ぎるというリスクはかなり低めです。

ネット甩VプリカはPayPalへのチャージに使えます

ネット上で決済を行うシーンとして、PayPalを使う事も珍しくなくなりました。

PayPalはオンラインで購入する商品などの決済時に指定されている事があります。

時にはPayPal決済オンリーなやり取りと指定されることもあり、私もPayPalアカウントを取得しました。

PayPal決済の場合PayPalアカウントに対して残高が無くては支払いが出来ないので、PayPalにも残高を増やすためにはチャージが必要です。

PayPalへのチャージにはクレジットカードによるチャージが必要です。

そのためにはクレジットカードを取得していなくてはいけないのか?

答えはノーです。

じつはネット甩VプリカならPayPalへのチャージが可能です!

オンラインで使えるVプリカはデビッドカードの機能を持つカードであり、一回払い限定ではありますがPayPalへのチャージの際にはクレジットカードとして使えるのです。

今やネット上での決済にPayPalが必要シーンが私の感覚でもかなり増えてきたように感じます。

現金支払い完全主義というような方であってもPayPalオンリーな決済システムであれば、PayPalアカウントを持たざるを得ないのです。

そんな時に私はクレジットカードは持ちたくないが、現金前払いチャージ式のデビッドカード系のカードは使います。

auWALLET(プリペイド)と、ネット専用のVプリカがあれば、auWALLETはマスターカードであり、VプリカはVISAであるため一回払い限定ですが、かなりの範囲で支払いシステムに対応出来そうです。

また繰り返しますが、PayPalへのチャージはauWALLET(プリペイド)では不可能ですので、Vプリカが必要でした。

PayPal決済を必要ならばVプリカの使用を検討されてみては如何でしょうか!


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top