看護師転職サイトに複数登録(3社)をした私の転職活動8つのポイント!

看護師転職サイトに複数登録(3社)をした私の転職活動8つのポイント!

久しぶりに転職活動をしています。

転職サイトに登録したのですが、今回は今までにはなく複数の転職サイト登録をしました。

それは転職サイトは複数応募した方が良いって話をちらほらネット上で見かけたからです。

看護師転職サイトはどこを選べば良いのか?

転職サイトは数十社あるそうで、一度に全てに申し込むなんて事は不可能です。

転職サイトはたくさんありますが、その会社の得意とする部分が何なのかを知ることで選ぶ基準が見えてくるはずです。

そして最も大事なポイントは貴方が何を一番に優先するのかにもよります。

そもそも看護師転職サイトを選ぶべきなのか?

転職サイトはいわば看護師の転職先を紹介する事のプロです。

人材を紹介する事で対価ももらっています。

対価を払うのは求人している元の方なので、求人に応募する側である私達がお金を支払う必要はありません。

無料で募集している病院などを探してきてくれるので、時間を浪費せずにすみますよね。

転職サイトに登録し転職活動のサポートを受けるメリットって何なのでしょうか?

看護師転職サイトを利用するメリット

看護師転職サイトならではの登録求人数

看護師の転職サイトは大手転職サイトでは膨大な求人情報を保有しています。

ネット社会の利点はこういった求人情報を案内してもらえる事や、転職サイトを比較検討するのも自由に出来るという事です。

際立つ求人情報保有数を誇る転職サイトを先ずは確認してみましょう!

公開求人情報数が100000件以上を誇る転職サイトは

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

公開求人情報数がなんと120000件以上というこちら転職サイト

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

最大40万円以上もお祝い金を提供する転職サイトは他には知りません。

公開求人情報数は他の転職サイトでは数千件から数万件というのが一般的なところ、群を抜いての驚きの求人情報を保有する転職サイト2社を抜粋してみました。

先ずは登録だけでもしとおくとよいでしょう。

それでは転職サイトに登録するメリットについてお話を進めていきます。

担当者がサポートしてくれる

看護師転職サイトに登録するメリットでもかなり大きなメリットは担当者がいる事でしょう。

担当者がいるとあらゆるメリットが増えます。

  • スケジュール調整は担当者がしてくれる
  • 面接の練習相手になってくれる
  • 給料の交渉をしてくれる
  • 転職の希望や悩みを相談出来る

転職をするにも今の仕事があるためなかなか転職希望先への連絡って良い時間にかけれません。

転職については勤め先には内緒にしながらまずは活動するかと思いますので、休憩時間にも電話をかけにくいしなかなか平日に休めなかったり。

そういったもやもやは心配なく担当者がアポをとってくれます。

面接対策って学生当時なら協力者がいたものですが、いざ社会人になってからの転職ではなかなかつかまらないものです。

でも転職サイトにいる担当者なら面接のデモンストレーションもしてくれました。

働き始めてからの給料は大事な気になるポイントです。

公表されている給料より経験加算等を含めた収入面での交渉がしやすいのは仲介者がいるからなんです。

転職するからには何らかの今の職場に対する不満があったはず、しかしながら転職希望先に不満を全て話すわけにはいきませんよね!

面接では伝えるべきポイントをきっちりと伝えるテクニックが必要です。

転職サイトの担当者はその点ではプロですから、事前に面接までに相談しておきましょう。

転職希望先の人事担当者には伝える事が難しくても、転職サイト担当者には本音を伝える事が出来るのです。

このあたりの本音と建前をうまくコーディネートしてくれるのは転職サイトの担当者がつくメリットです。

今すぐから少し先まで転職時期を決めて活動出来る

転職はなにも今すぐでなくとも大丈夫です。

今登録しておき希望の求人が出てきてから動く、今希望の求人がない場合にもそういった登録をしておくのもメリットですし、あえて転職タイミングを6ヶ月後等に目標設定しておくのもポイントです!

半年も先の目標って計画的に動かないとなかなか、ズルズル活動してしまいがちです。

自分のビジョンがあるのなら、それに向かった活動を実現させるためにも担当者からのプッシュが思わぬ後押しになったというケースもあります。

看護師転職サイトを利用するデメリット

転職しなくても転職サイトからの連絡が続く

このケースは自分の思っていないタイミングで登録した転職サイトからの電話が、頻回に来てしまった場合に困るというものです。

転職サイト側も貴方の転職タイミングを把握するために時々はリサーチが必要ですし、また転職成功後も今の職場で満足しているか、感想なども含めて確認する事もあるでしょう。

登録したからには定期的なリサーチの連絡はあるかと思いますが、しばらくは転職する予定が無いことをはっきりと伝えておけば大丈夫です!

転職出来なかった時の絶望感が大きい

転職サイトに登録した貴方は豊富な求人情報を手にし、担当者からの転職支援を経て、希望の求人に応募したわけです。

残念ながら実を結ばなかった転職活動は悔やむところです。

看護師転職サイトを通す事によるタイムラグ

転職サイトを通すという事は仲介者が入るという事です。

メリットが多い転職サイトの登録ですが、貴方→転職サイト担当者→病院人事部→転職サイト担当者→貴方の順番で連絡を交わすため、中には連絡がなかなか取れないといったジレンマがありました。

まずは転職サイト担当者に用事があって電話をするが繋がらず他の担当者が後から直ぐかけ直させるといい、一時間以上待ちぼうけ。

転職希望先の人事部からの返事待ちという事情を聞かされたものの、いつまでも連絡がなくこちらから問合せするが、担当者に繋がらず、またもやかけ直させるのままま一時間以上待ちぼう担け。

こちらの転職サイト一社に限ってはお断りのお電話を入れましたが、担当者不在にてかけ直させるとまた別の担当者から言われて、もうそれも要りませんというが、そういうわけにはいかないとの事でかけ直させると聞くが以降連絡も無しでした(笑)

看護師転職サイトの担当者とも病院人事との担当者とも面談する時間が必要

これは転職サイトの担当者と病院人事部とのやり取りにタイムラグがあるという話とも通じるのですが、やはり転職サイト担当者との面談も病院人事部との面談と同じ位に大事なのです。

したがって相応の時間は必要ですが、これは転職活動を成功させるためには重要ポイントですのできちんと話し合いをしておきましょう。

どうしても仲介者があることのデメリットが気になるタイプの方は独自で動くという事になります。

希望の転職先に転職出来なかった時はどうする?

しかしここで諦めてはいけません、

転職活動は大事な人生の切り替えポイントです。

タイミングが合わなかった今回の転職活動は少し先に予定を変更してみましょう。

おすすめは、転職サイトを見直すことです!

私は以前お世話になっていた転職サイトに引き続き依頼したのですが、前回はご縁がなかったところにまた依頼しました。

ご縁がなかったとは、転職に結び付かなかった事です。

その時は一度転職活動を断念しています。

今回もそちらに依頼しましたが、結果を出せず。

というよりも求人が終了してしまった。

第2希望までは考えていたのですが、そちらの転職サイトの感触も対応もいまいちだった為、思いきって転職サイトを変更しました。

変更した転職サイトの方では第2希望先の求人も募集終了となったタイミングで私にとっての第3希望となる、案件を紹介して頂きました。

第3希望まで転職希望は初めは意識していませんでしたが、転職の野望は打ち砕かれる事なく頑張り抜く事が出来ました。

マメにメール連絡してくれる看護師転職サイトはあらゆる点で合理的

今思えば私が選んだ転職サイトは電話だけでなく、メールにて空いている時間にしっかりと連絡が取れたことや、報告関係はかなりマメにして頂きました。

またメールだと取引の内容や相談した事、希望条件や確認事項が全て残り、後から見直すことも可能でした。

看護師転職サイトに複数応募すると良いのか?

転職サイトに複数応募した方が良いという情報がネットではよく目にします。

私も久しぶりの転職活動であり、この先はいつ転職活動をするかはわからないので、思いきってものは試しにとこのテクニックを使ってみようと思いました。

では転職サイトのどこに登録するかといえば、先ずは利用経験のあるところからなら登録するまでもなく登録済みなはずですから1社目は完了です。

一度転職した事のある看護師さんなら、どこかの転職サイトには登録しているハズですよね。

さて今回の複数の転職サイトに登録するというお話は、ただ単にいくつかの転職サイトに登録しているという事ではありません。

同時にそれぞれの転職サイトを並行して転職活動を行った場合にメリットはあるのかないのかという事を言っています。

すなわちどちらの転職サイトにも「今から転職活動するのでよろしくお願いします」って依頼したらどうなるのか?を検証しました!

同時進行同時依頼です!

看護師転職サイトに複数応募する場合のメリット

始めの1社に加え、2社目、3社目まで登録してみました。

1社目は以前よりお世話になっていましたが、以前もご縁がなく、今回は担当者の対応に不信感を抱いた私が御断りをしたという経緯の転職サイトです。

2社目はお祝い金などで知名度の高い転職サイトでした。

私の場合は一般職なのでそこまでお祝い金がもらえないのですが、管理職候補なら12万円もお祝い金が支給されるのでお勧めですね。

ひとまず登録だけでもしてみようと登録したのがきっかけです。

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

この時点では先ほどお断りしたという1社目はまだ依頼中であったので、この時点で2社同時申し込みという形になりました。

この時は私は筋道として2社目の担当者の方に現在交渉中である事を先に説明しました。

2社目の方の回答では転職希望先に重複して交渉しているという事は内心人事部の受け入れが悪くなる。

最悪断られるという事実を聞かされました。

この時点ではこちらの転職サイトの方も依頼を中止させていただきましたが、他の求人情報を無理に進めてくるでもなく誠実な対応に感謝します。

その後の1社目の返事待ちをしていたものの第一候補の回答無し、第二候補の回答無し、その時点で2週間が過ぎようとしていましたので、不信感を抱き3社目に登録しました。

3社目の担当者の方にはすでに第一候補と第二候補の問い合わせを1社目を通じてかけている状態であること、ただし回答がないことを全部お話ししました。

驚いた事は3社目に第一候補の求人が今は行われていないの旨すぐに返事があったことです。

第一候補の病院は公立病院であり、都道府県の運営だそうです。

また人事部ではなく採用の管轄は県が行うとの事で、公式に募集がないことを直接病院に確認し回答を得たとの事でした。

それならば、2週間も未だに1社目からの回答が無いのは何故か?ますます不信感が募りました。

そういった経緯と第二候補の病院に対してもアプローチはしたものの、人事部の返事がないからほっておく転職サイト1社目はお断りをするのでと3社目に伝え、転職活動の引継ぎをお願いしました。

最終的には3社目に依頼をしたわけですが、第二候補の病院も求人が打ち切ったとのことでした。

それでも最後に第二候補の病院人事部に直接求人を行えないか交渉をして頂けたので悔いはありませんでした。

私が複数同時期に登録した転職サイトをまとめます。

    1. 某転職サイト(わりと有名)以前に取引有→1社目には第一候補、第二候補の病院に対する求人情報公開を依頼した→第一候補は結果連絡なし。第二候補も保留のまま2週間経過。→敢え無く依頼取り消し。
    2. 看護のお仕事(有名)就職お祝い金でも知られている→求人応募の重複はマイナスイメージとなり不利であるとのアドバイスを得る。→誠意のある対応に感謝し、一旦依頼を拡げずに終了。今思えば転職お祝い金が欲しかった。

      転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

    3. ナースではたらこ(超有名)公開求人情報数100000件以上のマンモスサイト→重複登録となる条件でも1社目を引き下げるという条件で依頼受け入れして頂く。また1社目に問合せて頂いていた第1候補に対してもこちらからは直ぐに回答があった。すべての依頼に対するレスポンスが早く情報も正確。メールを連絡手段に取り入れることで、時間が有効に使えた。

お金も働きかたにもこだわるなら[ナースではたらこ]

1に関しては社名を伏せさせていただきます。

この時は担当者の方の対応が私には合いませんでしたが、大手転職サイトであれば担当者変更制度も準備している事が多いので、担当者を変更してもらうという方法もあったのかなと今思えば考えられます。

まあ、その時はそんな気持ちにはなれませんでしたが。

看護師転職サイトに複数同時に申し込んだことで、私は1社なら気が付かなかった担当者の対応が全て違うという事を目の当たりにしました。

少し大げさかもしれませんが、転職活動を戦う際の転職サイトの担当者は素晴らしい方に出会えば強い味方となります。

そういった担当者がいる転職サイトをまたいつか利用したいと思っているものです。

また担当者は合う合わないを考える上でその性別も重要な要素だと私は思います。

担当者の性別は男性の私はこれまで全て男性の担当者が付きました。

たまたまであったのかは今でもわかりませんが、同じ性別の担当者の方が私は話しやすい男性としての心境も良くわかってもらえるものだと思います。

もし可能なら初めに男性・女性といったところも指定してみるのもいいかもしれませんね。

看護師転職サイトに複数登録する場合のデメリット

転職サイトに複数同時に登録する際のデメリットは、一旦登録したら今後定期的にお伺い連絡が入るという事です。

3社位までなら、対応も気になりませんがもし10社近く登録していたのなら、ちょくちょく電話がかかってきてその都度同じやり取りをする必要があるかと考えると控えておいた方が良いのかもしれません。

転職サイトに複数同時に依頼する際にはなにか、私のように目的があった方が良いと感じました。

闇雲に数打てば当たるではなく、目移りする面や、どこに絞っていいのかわからなくなります。

また今回の経験から学んだように、重複して転職希望先にアプローチをするのはやめておいた方が良いと思います。

相手方の人事部にどう思われるかの時点で面接がすでに始まっていると思った方が良いのかも知れません。

もし、それでもそのように(転職サイトに重複登録していて交渉を複数からかけてきたと)相手方に伝わったのであれば、交渉を先に進めるためにはしっかりと理由を説明できるように考えておいた方が良いでしょう。


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top