ナイチンゲールにはなれない!

看護師おかえりなさいの情報共有所

ウィジェットを表示はWardPressの条件分岐がとても簡単なプラグイン

ウィジェットを表示はWardPressの条件分岐がとても簡単なプラグイン

久しぶりにWordPressにやる気が戻ってきたブロガーのおかえりなさいです。

ちょっぴりWordPressネタから離れていたのですが、このアクセストリガーは元来WordPressの初心者向けカスタマイズやプラグインのご紹介などが多いブログなのでした。

ただしばらくは本業の看護師のネタなどを書いて来たのでだいぶんその辺りのパソコンのこと全般から離れていたわけですが、本業の転職もひと段落したところでそろそろパソコンネタ特にWordPressについても書いていこうと思っています。

ウィジェットの出し分けが必要な理由

ごく単純にですが、WordPressのウィジェットって皆さん使っていると思いますが、このウィジェットというやつは本当に便利なやつでテーマ―にもよるのですがブログのデザインを大きく左右するものであり、かつ利便性とかにめちゃくちゃ関与します。

出したいところにウィジェットが無かったりしたらそもそも出すのにすんごく苦労するんです!

それは優秀なテーマがあればウィジェットのバランスもバッチリわけで問題の無いことなのですが、ウィジェットのバランスがすんごく良くても人間欲が出てくるもので・・・。

ウィジェットの出し分けがあったらいいなと思ったその例がこんな感じです。

  • ホームとかシングルページとか、固定ページなどにより表示させたいウィジェットが異なる
  • パソコンとスマホやタブレットごとにウィジェットの表示を切り替えたい
  • カテゴリー別にウィジェットを切り替えたい

といった理由はWordPressのことをある程度わかるようになってくるとそんなかゆいところに手が届く方法も模索し始めます。

かといってプログラム自体をいじるのはとっても難しいので私もプラグインに頼っています。

ウィジェットの表示・非表示等あらゆる条件分岐が可能なWidget Logic!

おかえりなさい @okaerinasainet です。今回ご紹介するプラグインはかなり使えるプラグインです!Widget LogicWidget Logicは、WordPressのウィジェットに条件分岐などの機能を使いすることが出来るプラグインです。条件分岐とは、色々ありますが一番使えるのではな…

ウィジェットロジックというプラグインは長年お世話になってきたんですが、とても便利で次ぐにようなコードを指定することで条件分岐を既存のウィジェットに対して行う事が可能となるプラグインです。

  • HOME(トップ)ページで表示:is_home()
  • アイカーブページで表示:is_archive()
  • カテゴリーページで表示:is_category()
  • 固定ページで表示:is_page()
  • 投稿ページで表示:is_single()
  • モバイル(タブレットも含む)で表示:wp_is_mobile()

これによりPCやスマホなどのデバイス別の表示の切り替えも可能ですし、ホームやシングルページなどページの種類でも出し分け可能です。

さらにもっと欲の出た私は、カテゴリー別にWordPress Popular Postsのランキングも分けてみたいと思ったわけなんですよ。

これもちょっと複雑になりますが次のようなコードを指定すれば可能なはずでした。

複数の条件分岐を組み合わせるならこんな感じ。
is_mobile() && is_single()

&& is_page()
カテゴリーIDが 10 のカテゴリーページのみに表示する

is_category(’10’)

テーマとの相性もあるウィジェットロジックのカテゴリー別切り替え

優秀なプラグイン ウィジェットロジックですが、どうも複雑な条件指定になると私が使用しているテーマデジプレス社のマキアート(macchiato)とは少し相性が悪いようでした。

テーマの機能でウィジェットの表示指定できる機能もありもしかしたらそちらとの相性の兼ね合いかも知れません。この辺りに関してはまったく未確認ですが。

なので諦めればよかったのですが、でもやっぱりウィジェットってカテゴリー別に分けたくありませんか?

だって自分のブログですが、パソコンやインタ-ネットのことも扱っていれば、看護や暮らしの話題まで書いているので見るかた読む方つまり読者によって表示させたい記事も違ってくるんですよ!

関連記事とかを表示させる方法ももちろんありますが、やっぱりカテゴリー別に表示切替出来たら色々便利なんですよ!

カテゴリー別にランキングを切り替えるというのはですが、例えば今看護というカテゴリーを読者が見ているのであればその読者にのみ表示させたいものを届けたいわけですよ。

その届けるものとは例えば広告とか広告とか広告です!

あっ、全部広告ばっかりだった・・・。

まあ、私の場合は広告くらいしか出し分けしなくてはいけないものって少ないのですが、他にも商品の紹介を看護のカテゴリーと、パソコンのカテゴリーで全く違ったものを表示させるという事もカテゴリー別にウィジェットの表示内容を切り替えることが出来るのです。

他にも看護向けのセミナー案内とパソコン向けのセミナー案内のバナーを切り替えるとか、メール会員とかもそうです。

ペルソナである読者層に向けてしっかりと表示させる内容を切り分けてターゲット設定を明確にすることが肝になると私のような複合型情報ブログでは大事じゃないかと思うんですよ。

まあ、特化型として、看護は看護、WordPressならWordPressとそもそもブログ自体を分ければよかったのかも知れませんが、そう簡単ではなかったんです。

複数ブログの運営って・・・。

ももねさんも言ってるわけでして、ハイ。

ももねいろと別に新サイトを作りましたがやめました。私が2つを1つに統合した理由とお知らせ | ももねいろ

こんにちは、橘 桃音です。 「ももねいろ」を運営しはじめて4年目に入ったこともあり、ちょっと新しいことに挑戦しようと思って、先日新サイトを立ち上げました。 「ももねいろ」ブログ一筋の私が新しいサイトを立ち上げて2つに分け…

そういった訳で私も複数ブログを構えましたが紆余曲折の末4つのブログを1つに戻しました。

その間他にも独自ドメインでブログを4つもこしらえたわけです。

また記事もそれぞれに準備してそのブログそれぞれにまたカテゴリーを分けたりテーマを導入したり、画像を貼ったり・・・。

めんどくせーわ!!!!!

絶対出来ん!!!

みたいな感じで一つのブログであるこのアクセストリガーに看護師おかえりなさいのBLOG@をくっつけて他のBLOGネームは割愛しました(笑)

ウィジェットを表示は扱いやすく直感で操作できる

話はウィジェットの出し分けをするという事に戻しますが、今回ご紹介するプラグインは(ウィジェットを表示)別名display-widgetsです。

プラグイン検索はdisplay-widgetsで行います。

Display Widgets SEO Plusというやつもあるみたいですがそっちのはなんかよくわかりまっせん!Display Widgets SEO Plusはインストール数1000そこそこですが、display-widgetsは200000件OVERなのでそっちの方が本家だと思います。

このプラグインの優れているところは私が以前使っていたウィジェットロジックより使い方が断然簡単です。

いちいち前述したコードを指定しなくても次の画面の赤い枠内のようなエリアが、元からあるウィジェット一つ一つに対して全てついてきます。

そこでウィジェットを表示なら

  • 全員
  • ログアウト中のユーザー
  • ログイン中のユーザー

これは自分(管理者)だけに表示させたいムフフなウィジェットを表示させたりできる機能です。

さらにその下の選択では

  • チェックしたページで非表示
  • チェックしたページで表示

を選択できます。

ここはそのままの通りですね。

ここでカテゴリーなども選択できるので、フロントを選べばトップページのみに出来ますし、ここからカテゴリーを選べばそのカテゴリーの記事が表示されているページのみそのチェックが付いたウィジェットが表示されるという仕組みです。

本当にいたってシンプルでわかり易いプラグインで好印象です。

ちなみにムフフな使い方はですが、管理者だけが表示できるウィジェットを一つだけ作っておいて、Ranking100位などの表示をWordPress Popular Postsなどのランキングページで表示させてみる事です。

100位まで表示させるとなると1PV とかの記事も上がってきたりするので、あんまりPVの少ない記事ばかりランキングさせるのもどうかと普通なら躊躇するところですが、このプラグインで管理者t限定のウィジェットを作れば出来ちゃうってわけでした!

本当にあったら便利なプラグインですので一度お試しあれ!

 


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKコメント

Return Top