wordpress

WordPressのユーザー画像を簡単にアップロードできるプラグイン!Simple Local Avatars

WordPressのユーザー画像を簡単にアップロードできるプラグイン!Simple Local Avatars

おかえりなさい @okaerinasainet です。

WordPressの投稿ページにて、ユーザー画像を表示させておくのに便利なプラグインのご紹介です。

Simple Local Avatars

Simple Local Avatarsをインストールしておけば、ユーザーにお気に入りの画像を設定できます。

ユーザーの画像というのは、WordPressのダッシュボードにログインしているユーザーの画像がこんなふうに表示されるのです。

キャプチャ

 

 

少しわかりにくいでしょうか・・・。

こんなふうにログインしているユーザーが誰なのか、複数のユーザーを管理しているような場合区別するのにいいのですが、そのためだけに使うのはもったいない機能です。

例えば投稿ページの中に表示させたりすれば個性的なアイコンで訪問者に知ってもらえるのでアピールしておくことができます。

下記の画像は実は3つのプラグインで作成されたものです。

キャプチャ

 

3つのプラグインによって設定しているところ

 

  • アバターアイコンは、Simple Local Avatarsによって設定
  • 目次のエリアはTable of Contents Plusで設定
  • Fancier Author Boxによってプロフィール画面エリアを設定

このようにいくつかのプラグインが一つのエリアを作り出しています。他にもSNSアイコンを一緒に表示させる機能がFancier Author Boxにはありますが、少しごちゃごちゃした感じになりますので、今回は表示させずにおきました。

 

今回はSimple Local Avatarsをメインにご紹介いたします。

他のプラグインは以前の記事ですでにご紹介しておりますので、ご興味のある方はサイト内検索してみてください。

Simple Local Avatarsのダウンロードは、下記のアドレスをコピペしてくださいね。公式ページになります。

https://wordpress.org/plugins/simple-local-avatars/

プラグインのダウンロードが完了したら、WordPressのダッシュボード画面から新規にプラグインをアップロードして、インストール➡有効化で完了です。

 

プラグインは有効化にしておけば使用可能です。

実際にアバターアイコンを設定するには、ダッシュボード画面のユーザー➡ユーザー一覧と開いて下さい。

複数ユーザーがある場合、ここで画像を設定したいユーザーを「編集」で選択します。

画面の下の方までスクロールさせると「アバター」設定画面がありますので、「Upload Avatar」から任意の画像をアップロードしましょう。

キャプチャ

最後に設定を保存して完了です。

「Gravatar」というサービスを利用してアバターを設定することも可能ですが、このSimple Local Avatarsを使った方が簡単ですし、いちいちサービスにアカウントを設定することもないので、考えようによってはお気軽です。

非常に簡単なので、是非ご参考になさって下さい!

よろしければ、こちらもどうぞ!

自分のアイコンを作りたい!おすすめ5つのジェネレーター

Webサイト・ブログなどをしていて、自分のキャラクターを作りたいと思う方は多いのではないでしょうか!アイコン作成時に簡単便利なジェネレーターまとめまたはTwitterやGoogleプロフィール、Facebookなどのアバター・アイコンなどの作成は自分の写真や、風景画像を…

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)