ナイチンゲールにはなれない!

看護師おかえりなさいの情報共有所

記憶するよりEvernoteのWebクリッパーで保存する方が良いよ

記憶するよりEvernoteのWebクリッパーで保存する方が良いよ

Chrome拡張機能としても使えるEVERNOTE のクリップ機能

Webページの保存が非常に快適かつ編集機能まで備えたEVERNOTEのWeb Clipperを使ってみました!

EVERNOTEは以前からメモとして非常に便利に使用してきたツールの一つです。

オンライン上やPCやスマホなどのストレージ上に保存して同期する事で、かんたんに情報を引き出せますしいざというときに消してしまった情報もPC・スマホ・Webのいずれかに同期させて保存されていれば残っているので非常に安心です。

このような便利なツールEVERNOTEですが、今回さらに便利な機能のご紹介です。

すでに活用されている方が多数いるのではないでしょうか!?

今回紹介するEVERNOTE Web Clipperとは、観覧中のWebページをそのままクリップという名の保存ができてしまいます。

内容・情報をWebで観覧していたものと近い形でレイアウトされて保存されるので、あとで見たい時に便利です!

お気に入りとして保存することも可能です。

EVERNOTEはChromeブラウザー拡張機能としても準備されています。

Chromeウェブストア にてEVERNOTE Web Clipperを検索してください。

Chrome ウェブストア EVERNOTE Webクリッパー

 

 Web Clipperが検索結果に表示されましたら、「+無料」を選択してインストールします。

「Evernote Web Clipperを追加しますか」と表示されたら追加したらインストール完了です。

ブラウザーの右上あたりの所にこんなアイコンが現れます。

キャプチャ

作成しているEvernoteのアカウントでサインインすると次の様なメニューが表示されます。

キャプチャ

メニュー上の「クリップ」の「記事」を選択して「保存」するとWebページをそのまんま保存が可能です。

実際にやってみました。

私が見出しタグの参考にした際に見つけたゴリラガジェットさんのページを保存しておきます。

キャプチャ

 

こちらのページはテーマSimplicityに使える見出しタグのカスタマイズの参考に非常に助かりました!

この見出しタグようのコードをなくさないようにエディターなどに保存しておけばよいのですが、コードの使い方などの説明文を確認したい時が今後あるかもしれません。

私は今までコード類などを保存する際、わざわざ説明文をテキストなどで一緒に保存しておき後で読み返せるようにと作成していましたが、Evernote Web Clipperを使えば、ページごと保存可能なので、わざわざ今までのような作業をしなくてよくなります。

コードを参照したページを「お気に入り」などブラウザーブックマーク機能を使って次に参照する方法もあるのですが、もし万が一ページが削除されていたりしたら次に読めなくなってしまうので、Evernoteなら、オンライン上でもオフラインとしてのPCやスマホのローカルにだってWebページをまるまる保存しておけるのでとても便利です。

実はまだまだ活用できる驚きの機能がある

Evernote Web Clipperなら、注釈機能を使いましょう!

Webサイトを公開しているブロガーさんお勧めの機能が、この注釈機能です。

Chromeの拡張機能として以前公開したAwesome Screenshot: キャプチャーと注釈ですが、もしかしたらもっと便利なのではと思わせるのがEvernote Web Clipperにある注釈機能です!

ちなみに以前ご紹介した記事はこちらです。

キャプチャーに矢印・注釈を追加Chrome拡張機能で画像編集はおまかせ!

Webサイトの投稿の際、現在開いているブラウザー上のページに説明文や簡単な矢印などを使って細く説明したい時はありませんか?スクリーンショットを取り込む私は今まで、ページのキャプチャーはWindowsの標準アプリSnipping Toolを使ってスクリーンショットキャプチ…

さて、今回ご紹介しているEvernote Web Clipperの注釈機能も見ていきましょう。

例えば先ほどのゴリラガジェットさんのページです。

注釈機能を利用するには、まず観覧中のページのスクリーンショットを決めます。

メニューから「スクリーンショット」を選択してください。

Simplicityで見出しのデザインのカスタマイズ方法

そうすると「スクリーンショットを撮る」という案内がなされますので、スクリーンショットを作成したいページの中心あたりに照準を定めて決定します。

十字にカーソルを合わせて確定するだけですので簡単です。

Simplicityで見出しのデザインのカスタマイズ方法

 

スクリーンショットが決まりましたら、次のメニューが表示されます!

キャプチャ注釈機能として一通りのものが準備されていますが、試しに矢印を入れてみましょう。

キャプチャ

矢印が作成されましたね!

他他にも色々な機能があります。

  • マーカー機能
  • モザイク処理
  • 拡大・縮小
  • 切り取り
  • ペンツール
  • 注釈ツールのカラー変更

いろんなことをやらかしてみました!

キャプチャ

自分でメモ代わりにするだけなら何でもありなんですよね!

Chrome拡張機能「Awesome Screenshot: キャプチャーと注釈」とともにお勧めできるEvernote Web Clipperの注釈機能です。

使うシーンによっての使い分ければ更なる表現の幅が拡大しそうです。

記事をEvernoteへと保存する際には、SNSシェア用のアイコンへ実装することでそちらからもクリップできます。

よろしければクリップしてみてくださいね!

これはキャプチャー画像です

これは保存したいと思ったらEVERNOTEのWebクリッパーが便利! アクセストリガー


コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKコメント

Return Top