sns

Google+プロフィールの実名不要になったって話は結局どうなの?

Google+プロフィールの実名不要になったって話は結局どうなの?

今回はGoogle+のSNS、GoogleプロフィールとGoogle+ページについてのお話です。

このプロフィールとページの違いですが、以前はプロフィールは実名制をとり、ページは実名の個人名ではなくともオッケイな取り扱いでした。

当サイトでもこの使い分けを意識してきておりました。
ブログの投稿はペンネームで活動しているので匿名を適応できるSNSの存在が重要です。

ついにGoogle+プロフィールでの実名制撤廃か?

Twitterでは発足当初から実名は不要ですし、Facebookは鉄壁の実名主義を保持しているため、Facebookページの開設にてSNSの交流を続けてきました。

ではGoogle+はどうかというと、当初実名制を掲げてきましたが少しずつこの実名制を緩和してきているようです。
途中でニックネームの追加表示が可能になったり、芸名?が利用可能になったりとそのスタイルを変えてきていますが、近ごろその実名制の義務化を撤廃したかのようなニュースがちらほら見かけるようになりました。

その出所もあいまいなニュースもあり、実際はどうなのかという事がはっきりしないためなかなかGoogle+プロフィールのペンネームのみでの公開に踏み切れずにいたところが正直な感想です。

それでも今回ついに、かなり有力な情報として意識する内容に出会えたので、今回Google+プロフィールのペンネームのみでの開設をしてみようと思いました!

それは2014年7月16日に投稿されたという Google+の公式アカウントの投稿 です。

原文は英文ですので、翻訳機能を通してキャプチャーにて取り込んでいます。

Google+公式投稿キャプチャ

 

公式Google+プロフィールの投稿よりキャプチャーで引用

この公式アカウントってプロフィールアカウントかページアカウントかどっちなのという事ですが、おそらくプロフィールになると思います。
違っていたらすいません。もし、ご意見いただけたら修正します。

この内容を自分流に解釈すると、3年前以上までは実名が制限しており、そのポリシーに反する非実名のアカウントを除外してきた。
(ここまでで第一段落)

その後Googleは成長している。YouTubeのアカウントとGoogle+ページのユーザーには任意の名前(非実名)の利用を使用できたため、このポリシーを開いた。本日より、最後の段階としてあなたの使用する名前に多くの制限はないと。(ここまでで第二段落)

第三段落は謝罪内容なので省略。

という風に第二段落の表現がGoogle+ページユーザーに対して実名不要といっているのかGoogle+プロフィールユーザーに対していっているのか最終的な解釈に悩むところです!

このような情報をもってして、Google+プロフィールの作成を試験的に行ってみます。
私が勝手に行うだけですので、同様に解釈された方が自己責任で行う場合を除き安易にマネはされない事をお願いしておきます。

もし、ポリシー違反であってもかつてもまず先にGoogleから指摘が入るといった情報もあったようですので、その際はプロフィールのアカウントの削除を行いたいと思います。

ちなみにGoogle+プロフィールをペンネームで作成する注意点として、名前を「おかえりなさい」と入力したい場合、半分に名前を分ける必要があります。

どういうことかというと、Googleのプロフィールの現在の名前の取り扱いは姓と名に分けている実名制の登録画面から変更にはなっていないからです。ニックネームを別途設定可能ですが、今回はニックネームは別に設定せず、ペンネームという事で、姓と名の欄に入力します。

名前の入力欄

このように姓が「なさい」名が「おかえり」としているのは、続けて表示させた場合、に「おかえりなさい」と表示させるためです。
逆だと、もちろん逆に「なさいおかえり」となってしまいます。

もし、ペンネームもニックネームも両方に「おかえりなさい」と設定した場合、名前が重複して表示されるので見た目的にも変です。

今回ニックネームとペンネームという表現をしているのは、従来からニックネームとしてサブネームを追加可能というGoogleでの通称表現が使われてきたため、ニックネームのそれとは区別するためにペンネームというふうに説明しています。

Google+プロフィールの削除方法

そんなこんなでもし、Google+プロフィールを削除する必要があった場合の方法を説明したいと思います。
まずは、Google+プロフィールのページを開いて下さい。
ページとプロフィールが両方開設している状態だとこのように選択できますので、矢印の方を選択します。

おかえりなさい Google

 

個人プロフィールの画面を開いたら、左上に「ホーム」という箇所があるので選択するとメニューがそのあと開くので➡「設定」を選択してください。

設定画面へのキャプチャ

 

「設定」を選択したら次の画面になります。

Googleプロフィールの削除の仕方

画面のスクロールが必要になります。一番下までスクロールしたら「Google+プロフィール全体を削除する場合はこちら」と表示されますので、選択します。

次の画面のようにプロフィール削除について関連することが注意事項として列挙されています。

Google+プロフィール全体を削除の選択画面

 

下まで注意事項を確認して問題なければ、規約に同意した事をチェックボックスで確認します。
最後に「選択したサービスを削除」を選択して完了です。

Google+プロフィール削除決定画面

一応この操作を完了しても、Google+ページの方は削除されることがないことが説明されています。
いくつかのサービスに影響が出ると言っていますので、問題ないかの確認をしておいてください。

いかがでしょうか、「Google+プロフィールの実名不用になったという話は結局どうなの?」という問題に、今回初めてGoogle+プロフィールのペンネームでの公開に踏み切ったというお話です。

今後の経過は追ってご紹介していきたいと思います。

最後にGoogle+プロフィールのアカウントはこちら ➡ Google+プロフィール おかえりなさい 

この投稿時点では、基本的に試験段階ですのでSNSのフォローボタンを押した場合、Google+ページのおかえりなさいにリンクしていますので、あしからず。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)