web

Bufferが便利過ぎるその理由はSNS連携と画像のシェア機能にある!

Bufferが便利過ぎるその理由はSNS連携と画像のシェア機能にある!

この記事の目次です (^o^)

今回はSNSで投稿する際に連携したいサービスのご紹介です!

Buffer

まずはBufferに登録しましょう。初回登録時にメールアドレスと、パスワードの設定が必要です。

Buffer – A Smarter Way to Share on Social Media

Bufferはマルチアカウント対応なので、TwitterやFacebook、Google+などに連携して投稿を送信させることが可能です。

特徴的なのは、投稿をストックするという考え方が可能なところです!

あらかじめ連携させた各SNSへは、一度に一斉送信できます。

そのためにそれぞれのSNSアカウントを始めに認証させましょう。

アカウントの連携する追加は次の箇所から+マークの選択にて追加していけます。

今回の説明はPC画面を例に行います。

アカウントの追加

あらかじめ追加したいSNSアカウントにログインしておきましょう。

連携できるSNSは次のものです。

 

Buffer Connect

上の画面は各SNSアカウントに連携可能な一覧です。なぜか私の環境では、Google+プロフィールはグレーアウトしていてConnect(連携)できないようです。Google+ページなら連携できます。

表示されている各SNSを選択して連携させていきます。

Bufferのインストール

Bufferは、次のページでインストールできます。

Chrome拡張機能版Buffer

Androidアプリ版Buffer

上記のインストールなしでも、ブラウザ上でSNSの投稿は可能ですが、Chrome拡張機能や、アンドロイドアプリとしてインストールしておく方が便利です。

Chrome拡張機能版Bufferを利用すれば、Chromeブラウザ上の右上の方にアイコンを選択するだけでBuffer登録画面が表示され、現在観覧中のWebページをSNS投稿する際にとても便利になります。

Bufferへ登録される投稿画面です。どのように表示されるかが下の方に表示されています。(画面左上の各SNSアイコンを選択して、実際に各SNSにてどのように表示されるか確認します)

このまま投稿でよければ、「Add to Queue」のところの右側の下向き矢印を選択して下さい。

登録画面

すると、どのように送信するかが選べます。「Sheare Now」でいますぐ送信でき、「Schedule Post」では予約送信にストックされます。

選択画面

予約投稿の設定画面です。

予約送信

また予約投稿する際の注意点として、タイムゾーンを「Tokyo-Japan」にしておく必要があります。

タイムゾーンの設定は、Webページのbufferにログインして、次の「Schedule」で変更します。

タイムゾーンの設定

 

スケジュール投稿は無料アカウントでは、機能制限が一部あるようです。

予約投稿が出来るのが、本来一番のメリットであるbufferですが、今回は各SNSにて画像付き投稿が出来るというお話しに的を絞ります。

Chrome拡張機能版画面からでは、観覧中のWebページからすぐに送信できるように、タイトルや画像などのシェアする内容を自動で作成してくれます。

ただし、各SNSにてシェアとして送信できる内容に違いがあるので、FacebookページとGoogle+ページなら画像付きでシェア出来たのに、Twitterだけ出来なかったという事もあります。

どのようにシェア送信されるのかは、各SNSのアカウントを選択することで、プレビューされます。

プレビュー画面

上の画面では全てのSNSを選択していますが、単独で例えばTwitterだけを選択して、プレビューに画像が含まれないようでしたら、Twitterへはテキストのみでシェアされるということになります。

このように、各SNSごとにシェアに違いがあるのは、おそらくOGPの設定など各環境において違いがあると考えられます。

Chrome拡張機能を利用してbufferでシェアする方法は他にもあります。

Twitterだけ画像がプレビュー画面で反映されない場合は、とりあえずシェアしたいWebページのタイトルとURL、画像をコピーしてbufferにペーストする事が可能です。

他にも色々なbufferへ送る方法をご紹介します。

画像の上にマウスかざすと次のように「Share Image」という、bufferへ送るアイコンが選択できます。

マウスオーバー

 

シェアしたい画像の上で右クリックから画像付きでシェアさせたりもできます。

右クリックでは次のように「buffer This Image」という項目が追加されているからです。

buffer This Image

 

その他にもドラッグ&ドロップによる方法で画面を読み込ませる事で可能です。デスクトップ画面からカメラのアイコンのところまでドラック&ドロップします。

ドラッグ&ドロップ

 

どの方法をもってしても次のように画像付きのシェアをすることが可能です。

画像付きでシェア

このように、場合によっては少し工夫が要りますが、ひと手間加えるだけでbufferを使えば画像付きで各SNSにシェアできます。

以上、bufferのご紹介でした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)