非特化型ブログにおすすめ!ランキングをカテゴリーで分けるプラグイン

WPP Plus Widgetは非特化型ブログに最適

WordPress Popular Postsのデータを利用したカテゴリ毎の人気記事を表示するウィジェットWPP Plus WidgetはWordPress Popular Postsの機能を応用するいわばお助けプラグインです。

このプラグインのメリットは今見ている記事と同じカテゴリーから人気記事のランキングを作ってくれることです。

このようなランキングのカテゴリー別のふるい分けをしてくれれば、記事の訪問者に対して関連記事からさらにランキングを見ていただけるためPVアップが期待出来ますよね。

関連記事を表示させる意図は今記事を見ているユーザーに更に興味深い内容の記事を見つけてもらうこと。

この発想のひとつとして人気記事ランキングにも同一カテゴリーという関連記事としてフィルターをかけるのが、WPP Plus Widgetの機能というわけなんですよ。

WPP Plus Widgetの使い方

ポイントはWordPress Popular PostsとWPP Plus Widgetと2つのプラグインをインストールする必要があること。

もちろん2つのプラグインは有効化する必要もあります。

WordPress Popular Postsはダッシュボード→プラグイン→新規追加にて検索すればみつかります。

WPP Plus Widgetは直接作者様のページからダウンロードして下さいね。

WPP Plus Widgetはダッシュボード→プラグイン→新規追加にて検索しましたがまだ公式ディレクトリには登録されていないようです。

作者様のページから直接ダウンロードしてインストール→有効化にて利用が出来ます。

ウィジェットの管理画面にはこのようにプラグインの項目が追加されました。

設定出来る項目はカテゴリーの深さを指定したり、パラメーターにつ各種設定を行います。

設定をしたら忘れずに保存しましょうね。

パラメーターの各種設定項目はWordPress Popular Postsと共通するのでWordPress Popular Postsを使い慣れた方にはWPP Plus Widgetはたいへん導入しやすいプラグインですね。

私もこういった便利過ぎるプラグインがあるなんて知れてラッキーでした!

雑記型ブログなど情報やカテゴリーが混在しているブログなどで出来れば初めて訪問したユーザー様になるべく迷わないように情報を表示させたいと思っていたんです!

そんな時にWPP Plus Widgetは大活躍してくれれば良いなって思い今回同じようにブログやWebサイトの運営でお悩み中の方に知って頂きたく記事にしました。参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)